為替とは?

為替とは一般的には外国為替のことを差すが、通貨が異なった国と国との間に生じる貸借関係を、現金そのものではなく、為替手形や送金小切手などの信用手段を用いて決済する方法を「外国為替」といい、略して「外為(がいため)」などと呼んでいる。

前述したように、外国為替は、主に銀行と銀行の間に行われる口座振替により、現金そのものを扱うことなく送金や貿易を行うということを大きな特徴としている。ちなみにその形態には2つあり、ひとつは「送金為替」もうひとつは「逆為替」である。

1970年代までの日本では、外国との為替取引は許可を受けなければ行えないという閉鎖的なものであったが、1979年に大きな法改正が行われ、外国為替をはじめとする対外取引が自由に行われることを基本としつつ、対外取引に対して必要な管理・調整を行うことによって、対外取引の健全な進化発展、国際収支の均衡及び通過の安定をはかることが目的とされるようになった。

外国為替の取引は信用の上になりたっている

外国為替の取引規模は?

Bank for International Settlements(国際決済銀行)は、2013年4月に1日当たりの全世界での外国為替の取引高を公表したが、最も額が大きかったのはイギリスであり、その額は何と1日当たり2兆7260億ドル。これは世界の4割以上を占めていることになり、イギリスの首都ロンドンが世界の為替取引をリードしているといっても過言ではない。

ちなみに一番取引されている通貨としてはアメリカドルが圧倒的である。
上位10カ国は以下の通り。(出典:wiki外国為替市場

1日当たりの外国為替取引額TOP10


☆為替ニュース:
【NY市場】きょうは一服感強まり、ドル円は109円台に値を落とす 
 きょうのNY為替市場はドル売りが優勢となり、ドル円も109円台に値を落としている。特段の材料は見当たらなかったが、原油や米株と伴にきょうは一服感が強まったようだ。 この日発表の4月の米耐久財受注は全体では堅調さを示していたものの、国防と航空分野を除いた資本財の受注が予想外の減少となっていた。機械やコンピュータの受注が冴えず、ドル高や海外経済低迷の影響が依然として色濃く残っている様子もうかがえる。 原油の動きが影響した可能性もありそうだ。きょうは50ドルの大台を一時回復していたが、その後は達成感からか、戻り売りに押されている。FRBの強気な姿勢の背景には原油の底打ち基調があるものと思われ、このまま上昇基調が続いて行くか見極めたいところではある。当初見込まれていた産油国の増産凍結もまだ決まっていない。一部には直近のリバウンドの動きに、増産凍結は見送られるのではとの見方も出てきている。そうなれば、当初の条件とは違ってくる。 ドル円は109円台に下落はしたものの、戻り売りを強める動きまでは見られず、10日線の水準は維持している。先週のFOMC議事録以降、水準は上にシフトしているが、方向感の無さは相変わらずといった印象も強い。議事録前には109.00を挟んで次の展開待ちとなっていたが、今度は110.00を挟んでの展開待ちとなっている。 ユーロドルは一時1.12台を回復したが、維持できずに1.11台に戻している。1.12台前半にきている10日線が上値抵抗となっており、下向きの流れは継続。 NY時間に安倍首相が来年4月に予定する消費税増税の是非などを巡り、政権内での調整を踏まえ、早ければ30日にも見解を表明する見通しと伝わっていた。 首相はサミットの議論上で経済指標のチャートまで使用し、現在はリーマンショック前後と似た状況にあるという考えを強調していたようだ。消費税増税延期の条件にあげる「リーマンショック級」に照らしあわせ、そこに各国首脳の認識が加われば、増税延期の理由として十分成立すると考えているのかもしれない。みんかぶ「Klug」 野沢卓美
【ロンドン市場】円買いが巻き戻される、原油高や欧州株堅調で
 26日のロンドン市場は、円売りが優勢。東京午前にみられた急速な円高の動きは反転しており、ロンドン序盤には巻き返しの動きがみられた。背景にはNY原油先物が一時49.97ドルと50ドルの大台に迫り、欧州株も前日の上昇に対する利益確定売りをこなしつつ堅調に推移していることがある。一方、円安の動きもNY市場のスタートを前に落ち着いており、この後に発表される4月の米耐久財受注の結果を見極めたいとのムードとなっている。 ドル円は109.50-70レベルでの揉み合いを上放れると再び110円台乗せ。一時110.10近辺まで買われて、東京朝方の110.20近辺から109.40近辺に至る下落をほぼ解消した。 クロス円は資源国通貨主導で堅調。豪ドル円は79円台で底堅く推移しており、一時79.50近辺に本日の高値を伸ばした。カナダ円は84.50近辺から東京早朝の高値を抜け、85円ちょうど近辺に上伸。ユーロ円も122円台半ばがサポートとされて、一時123円台乗せ。 一方、ポンド円は上値が重い。序盤には162円台を回復。ユーロ円と遜色のない堅調さを示した。しかし、第1四半期の英GDP改定値が発表され、前期比は+0.8%速報値と一致したものの、前年比が+2.0%と速報値から0.1%ポイント下方改定された。これを受けてポンドは売りで反応、ポンド円も一時161.50割れ水準へと押し戻された。その後は161円台後半での揉み合いとなっている。 ドル相場は上昇一服。クロス円の上昇で各通貨が対ドルでも買われた。ユーロドルは1.12手前、豪ドル/ドルは0.7230近辺に上昇。ドルカナダは1.2930台に下落。米耐久財受注の発表を控えて、ドル買いに調整が入る面もあったようだ。みんかぶ「Klug」 松木秀明