為替とは?

為替とは一般的には外国為替のことを差すが、通貨が異なった国と国との間に生じる貸借関係を、現金そのものではなく、為替手形や送金小切手などの信用手段を用いて決済する方法を「外国為替」といい、略して「外為(がいため)」などと呼んでいる。

前述したように、外国為替は、主に銀行と銀行の間に行われる口座振替により、現金そのものを扱うことなく送金や貿易を行うということを大きな特徴としている。ちなみにその形態には2つあり、ひとつは「送金為替」もうひとつは「逆為替」である。

1970年代までの日本では、外国との為替取引は許可を受けなければ行えないという閉鎖的なものであったが、1979年に大きな法改正が行われ、外国為替をはじめとする対外取引が自由に行われることを基本としつつ、対外取引に対して必要な管理・調整を行うことによって、対外取引の健全な進化発展、国際収支の均衡及び通過の安定をはかることが目的とされるようになった。

外国為替の取引は信用の上になりたっている

外国為替の取引規模は?

Bank for International Settlements(国際決済銀行)は、2013年4月に1日当たりの全世界での外国為替の取引高を公表したが、最も額が大きかったのはイギリスであり、その額は何と1日当たり2兆7260億ドル。これは世界の4割以上を占めていることになり、イギリスの首都ロンドンが世界の為替取引をリードしているといっても過言ではない。

ちなみに一番取引されている通貨としてはアメリカドルが圧倒的である。
上位10カ国は以下の通り。(出典:wiki外国為替市場

1日当たりの外国為替取引額TOP10


☆為替ニュース:
【NY市場】ドル円は105円台に下落 イベントリスクを意識
ド きょうのNY為替市場はドル売りが優勢となり、ドル円は105円台に下落。きょうは主な米経済指標の発表などもなく全体的に様子見気分の中、米株や原油が軟調でドル円も戻り売りが強まったようだ。 今週のイベントリスクを意識しているのかもしれない。今週はFOMCや日銀会合といった重要イベントが予定されているが、特に日銀については追加緩和期待が高まっている。ただ、一部には日銀は今回見送るとの観測もありリスクを意識して調整が出ていた面もありそうだ。 NY時間の午後に入ってドル円が急速に買い戻される場面が見られた。日本経済新聞が電子版で、政府は来月2日にもまとめる経済対策の骨格を固め、国と地方の財政支出(真水部分)を6兆円程度に積み増す方向で調整と伝えていた。3兆円程度と見られていただけに驚きもあった模様。ドル円は106円台に戻していたが、一時的な反応に留まっている。 目先の下値サポートとしては、10日線が105円台半ばにきている。その下は心理的節目の105.00水準、そして、フィボナッチ38.2%戻しの水準が104.60付近にある。なお、明日の日本時間23時のNYカットでのオプションの清算は105.50?106.00の間の権利行使価格で1億から2億ドル程度の大きさが複数観測されている。 ユーロドルは買戻しが優勢となり、1.10台回復をうかがう展開が見られていた。ロンドン時間にドイツのIfo景況感指数が発表になっていたが、前回から若干低下した程度で予想ほど悪くはなかった。今回の調査は英国民投票後のデータで、ドイツ企業が英EU離脱問題の影響を受けているか注目されたが、今回の指標からは見られていない。 一方、ポンドもNY時間に入ると下げ渋っていたが、上値は重い。英国民投票後の混乱こそ落ち着いているものの、英経済への不透明感は根強い。その不透明感の一つにスコットランドの動向があるが、本日、スコットランド行政府のスタージョン首相は、「英国はEUの外側で、限定的なアプローチしか持たない未来へと向かっているようだ」と述べ、スコットランドの最善の選択肢は独立かもしれないとの認識を示していた。課題は依然として多く、ポンドも下値模索が続いているようだ。みんかぶ「KlugFX」 野沢卓美
【ロンドン市場】方向性に欠ける動き、ドル円は106円台前半
 25日のロンドン市場は、全般的に方向性に欠ける動きとなっている。今週は米連邦公開市場委員会(FOMC)と日銀金融政策決定会合が開催されることになっており、日米の金融政策の動向を見極めたいとの気分が強まっている。  ドル・円は欧州市場に入ってからは106円台前半から106円台半ばでもみ合い。クロス円も方向性に欠ける動きとなっている。黒田日銀総裁は週末に「ヘリコプターマネーは禁止されている」と述べているが、市場では、日銀は今週の金融政策決定会合で指数連動型上場投資信託(ETF)の買い入れ増などの追加緩和に踏み切るとの見方が強い。  ユーロドルは欧州市場に入って上値を切り上げた。7月の独ifo景況感指数が予想ほど落ち込まったことを受け、一時1.0997まで上昇した。ただし、1.1000を上抜くには至らず、前週末比では小幅な上げにとどまっている。  ポンドドルは、欧州市場では1.31ドル台前半から半ばでの振幅にとどまっている。欧州市場に入って1.31台前半から1.31台半ばにいったん水準を引き上げあと、1.31台前半に押し戻されている。みんかぶ「KlugFX」