為替とは?

為替とは一般的には外国為替のことを差すが、通貨が異なった国と国との間に生じる貸借関係を、現金そのものではなく、為替手形や送金小切手などの信用手段を用いて決済する方法を「外国為替」といい、略して「外為(がいため)」などと呼んでいる。

前述したように、外国為替は、主に銀行と銀行の間に行われる口座振替により、現金そのものを扱うことなく送金や貿易を行うということを大きな特徴としている。ちなみにその形態には2つあり、ひとつは「送金為替」もうひとつは「逆為替」である。

1970年代までの日本では、外国との為替取引は許可を受けなければ行えないという閉鎖的なものであったが、1979年に大きな法改正が行われ、外国為替をはじめとする対外取引が自由に行われることを基本としつつ、対外取引に対して必要な管理・調整を行うことによって、対外取引の健全な進化発展、国際収支の均衡及び通過の安定をはかることが目的とされるようになった。

外国為替の取引は信用の上になりたっている

外国為替の取引規模は?

Bank for International Settlements(国際決済銀行)は、2013年4月に1日当たりの全世界での外国為替の取引高を公表したが、最も額が大きかったのはイギリスであり、その額は何と1日当たり2兆7260億ドル。これは世界の4割以上を占めていることになり、イギリスの首都ロンドンが世界の為替取引をリードしているといっても過言ではない。

ちなみに一番取引されている通貨としてはアメリカドルが圧倒的である。
上位10カ国は以下の通り。(出典:wiki外国為替市場

1日当たりの外国為替取引額TOP10


☆為替ニュース:
【NY市場】重要イベント通過後の週末で方向感のない展開
 きょうのNY為替市場、全体的には方向感のない展開となった。FOMCや日銀決定会合を通過した週末ということもあり、様子見気分も強く商いは薄い。 重要イベントを通過したものの、為替市場は消化仕切れずに方向感を出せていない。特にFOMCについては、年内利上げの可能性は温存したのの、以前よりはトーンが落ちた印象も強い。今のところ12月の利上げ確率を半々程度で織り込んでいるようだが、今後の指標次第では無くなる可能性もある。市場も動向を確認といったところのようで、来週以降の米経済指標の行方次第といったところかもしれない。この日も複数の米地区連銀総裁の発言が伝わっていたが、大きな反応は見られなかった。 NY時間のドル円は101円台前半の狭い範囲での振幅に留また。序盤はボストン連銀総裁のタカ派な発言に敏感に反応し、買いが優勢となったものの、101円台に入ると売り圧力も強く、それ以上の伸びはない。一方で下値では買いも見られ、100円を試す動きもない。方向感がなかなか出せない中、米経済指標など次の材料探しといった様相だ。 ユーロドルは1.12台前半で推移。ユーロドルも上下動はするものの、レンジ内に留まっている。きょうも1.12割れが何度か見られたが、1.12台に戻されている。1.1190付近に100日線が来ており、強いサポートとして機能しているようだ。1.1200のオプションのまとまった清算も来週にかけて観測されており、それに絡んだ動きや、対ポンドでの買いもユーロの下値をサポート。 ここ数日のユーロドルの動きを見ると、上に行きたがっている雰囲気も見られる。FOMC以降は1.1250水準で上値が止められているが、来週はその水準を突破してくるか注目される。ユーロ発の材料は無さそうで、むしろ、米経済指標の行方次第といったところかもしれない。 ポンドはきょうも売りが目立ち、対ドルでは一時1.29台前半、対円では130.50付近まで下落した。きょうはジョンソン英外相が来年初めにもリスボン条約50条のEU離脱を宣言するとの発言が伝わったことがポンド売りを誘っていた模様。市場では予想以上に早くEUを離脱するのではとの警戒感が強まっており、ポンド売りの材料となっている模様。 足元はEU離脱問題による経済への悪影響は予想ほどではないようだが、実際、EU離脱ということになれば、先週、ハモンド英財務相が言及していたが、EU単一市場へのアクセスができなくなる可能性がある。それによって、英国から出て行く企業なども多くあらわれる可能性もあり、英経済にとっては打撃になりそうだ。みんかぶ「KlugFX」 野沢卓美
【ロンドン市場】やや円高に振れる、神経質な原油相場と欧州株反落で
 23日のロンドン市場は、欧州株の反落などを受けてやや円高に振れている。ロンドン序盤にNY原油先物が45ドル台半ばへと一段安となったことや、週末を控えた欧州株が軟調に推移していることなどがリスク回避圧力となった。ただ、値動きは通貨ペアごとにまちまち。 売り圧力はポンドが顕著。対ユーロで売られ続けたほか、対円や対ドルでも本日の安値を広げている。ポンド円は131円台前半から130円台半ばへと下落。ポンドドルは1.30割れから1.29台後半へと下押し。ポンドドルは米FOMC後の上昇分をほぼ解消した。日米金融政策会合を終了して、再び英EU離脱関連の不透明感が意識された面もあるようだ。昨日の英中銀金融行政委員会(FPC)では、英国とEUとの関係性が定まらないことが金融リスクとなっている、厳しい期間に直面している、との認識を示していた。 ユーロドルは1.12ちょうど近辺から一時1.1225近辺へと小高い。ユーロ円は113円ちょうど付近で方向感に欠ける値動き。対ポンドで買われた分、ユーロは底堅い動きになっている。この日発表された。独仏ユーロ圏のPMIは強弱まちまちで反応しにくい結果だった。 資源国通貨は原油動向に翻弄されている。NY原油先物は序盤に45ドル台半ばへと下落。豪ドル円は76.80近辺、カナダ円は77.05近辺へと下値を広げる。しかし、取引中盤にかけて原油先物が46ドル台半ばまで急伸すると下げは一服。原油相場は来週28日に開催されるOPEC非公式会合をにらんで神経質。サウジとイランの協議が始まっており、イランが増産凍結に合意すれば、サウジも減産するとの関係筋報道に買いが強まった。ただ、まだ合意には至っていないもよう。今後も不安定な相場が続きそうだ。 ドル円は反落。東京午前に101.24近辺の高値をつけたあとは売りが優勢になっている。ロンドン序盤には101円を挟んで神経質な上下動を繰り返した。中盤になって100.68レベルまで本日の下値を広げた。ただ、この水準はちょうど22日安値ときょうの高値の半値水準にあたり、いったんサポートされている。 みんかぶ「KlugFX」 松木秀明