為替とは?

為替とは一般的には外国為替のことを差すが、通貨が異なった国と国との間に生じる貸借関係を、現金そのものではなく、為替手形や送金小切手などの信用手段を用いて決済する方法を「外国為替」といい、略して「外為(がいため)」などと呼んでいる。

前述したように、外国為替は、主に銀行と銀行の間に行われる口座振替により、現金そのものを扱うことなく送金や貿易を行うということを大きな特徴としている。ちなみにその形態には2つあり、ひとつは「送金為替」もうひとつは「逆為替」である。

1970年代までの日本では、外国との為替取引は許可を受けなければ行えないという閉鎖的なものであったが、1979年に大きな法改正が行われ、外国為替をはじめとする対外取引が自由に行われることを基本としつつ、対外取引に対して必要な管理・調整を行うことによって、対外取引の健全な進化発展、国際収支の均衡及び通過の安定をはかることが目的とされるようになった。

外国為替の取引は信用の上になりたっている

外国為替の取引規模は?

Bank for International Settlements(国際決済銀行)は、2013年4月に1日当たりの全世界での外国為替の取引高を公表したが、最も額が大きかったのはイギリスであり、その額は何と1日当たり2兆7260億ドル。これは世界の4割以上を占めていることになり、イギリスの首都ロンドンが世界の為替取引をリードしているといっても過言ではない。

ちなみに一番取引されている通貨としてはアメリカドルが圧倒的である。
上位10カ国は以下の通り。(出典:wiki外国為替市場

1日当たりの外国為替取引額TOP10


☆為替ニュース:
【NY市場】9月利上げへのリスク高まりドル円はショートカバー強まる
 きょうのNY為替市場はドル買いが強まり、ドル円は102円手前まで上昇する場面も見られた。この日の最大の注目はイエレンFRB議長の講演だったが、議長は「この数ヵ月で追加利上げへの説得力が増した」と述べた。この発言に講演が伝わった直後は為替市場もドル買いの反応を見せたが、その場は直ぐに戻していた。あくまで市場が期待していたのは9月のヒントを示すかどうかだったが、それについては明確な言及はなかった。 一方でイエレン議長の講演を通過し、ドル売りの動きも見られなかったことから、ドル安を期待していたショート勢からの買戻しも出ていた。その流れの中で、フィッシャーFRB副議長の発言が流れ、「8月雇用統計はFOMCの決定に影響。イエレン議長の発言は9月利上げの可能性と整合」と述べたことをきっかけにドル買いが加速している。 来週は米雇用統計の発表が予定されているが、その中味次第では、9月利上げの可能性が一気に高まりそうな気配も出てきている。ドルショートを積み上げていたファンド勢もリスクを意識し巻き戻しを活発化させた模様。 ドル円はイエレン議長の講演後に100円割れを試す動きも見られたが、一気に反転し、102円手前までストップを巻き込んで上昇している。二桁をターゲットにしたショートポジションがかなり積み上がっていたこともあり、一気に巻き戻しが入った格好。ドル円の上昇に他のユーロ円やポンド円といったクロス円も上昇しており、ユーロ円は114円台を回復している。 一方、ユーロドルは売りが強まり、1.13台から一時1.11台まで下落している。21日線とフィボナッチ38.2%戻しが控える1.1210付近を下回ってきており、7月下旬から続いているリバウンドの流れが一旦終了するか、来週以降の動きが注目される。 ポンドドルも1.32台半ばに上昇後、1.31台前半に下落している。みんかぶ「KlugFX」 野沢卓美
【ロンドン市場】イエレン議長講演を控えて様子見の姿勢
 26日のロンドン市場では、イエレン議長講演を控えて様子見の姿勢が強い。ドル円は100円台半ばでの揉み合いが続いており、欧州株が序盤に売られる場面でも下押しは100.40近辺までに留まった。その後の反発も100.55レベルまでは届かず。 クロス円も総じて小動き。ユーロ円は113円台前半、ポンド円は132円台後半での取引が続いている。原油相場はNY原油先物が47ドル台前半で推移しており、やや上値が重いものの、豪ドル円は76円台後半で目立った値動きは示していない。 ユーロドルは1.1290近辺から1.1308レベルまでの上に往って来い。値幅は限定的。日本時間午後3時に発表された9月のドイツGfK消費者信頼感は10.2と事前予想および前回値の10.0を上回ったが、ユーロ買いの動きは一時的だった。 ポンドドルも上に往って来い。序盤は1.3230近辺に高値を伸ばしたが、英GDP発表をめぐって1.32台前半で振幅。その後は1.3180近辺まで下押しと、やや売りが優勢。第2四半期の英GDP改定値は前期比+0.6%、前年比+2.2%と速報値と同水準だった。 欧州株は序盤に売りが先行したが、取引中盤にかけては揉み合い商状になっている。米株先物は前日終値付近で小動き。日本時間午後11時から始まるイエレンFRB議長講演の内容を見極めたいとのムードが広がっている。みんかぶ「KlugFX」 松木秀明